バリローフードトレーニング

 

〜満員御礼のため受付終了しました〜

バリ島・ローフード・シェフ・トレーニング-by Sayuri Healing Food

〜レベル1:初・中級2週間集中プログラム〜

ローフードシェフ・トレーニング修了証コース 

2017年 11 /5-18 〜英語コース〜*日本語サポート付き 

ロー・リビング・フード・トレーニングでは、美味しく、簡単に応用の効く、世界各国のテーマに沿ったお料理の作り方、近代的な科学的な視点でのロー・植物由来栄養学、そして、伝統医学である中医学とマクロビオティックなどの古くから叡智も視点に取り入れ、幅広い視野で学びます。

終了書を得るだけでなく、最終的には、普段の生活に生かせる知識と、その知識を世界とシェアーしたいという情熱と自信が生まれるはずです。自然との繋がりや、共にシェアーする経験を通して、真の“健康“を見直しと、回復をもたらし、光り輝く健康的なライフスタイルを、個人の体質や生活リズムにあった、長続きさせる方法を模索します。

病気(”Dis-ease”)とは、(”dis-harmony”)です。私たちの波長が、宇宙のエネルギーあっていれば、私たちの体・心・精神は、必要に応じてかつパーフェクトに機能します。 もし、毎日のごはんが、自然と調和する、最もシンプルかつ簡単な手段であるとすれば、良いものを口に入れようと考えるのは必然ではありませんか?

私たちはなぜ食べるのか?食べ物とは?私たちは何でできているのか?もし私たちが、光と波動のエネルギーであるとすれば、光と高い波動を食べる必要性がないでしょうか?トレーニングでは、こういった疑問をも模索します。

私のパッションは、私たちはみんな、創造性と可能性の泉であるということを、トレーニングを通して、私自身にも、そして皆さんにも再認識することです。いつなんどきでも、何だってできるし、何にでもなれるという自分を信じる内なるパワーを養う事です。私にとっては“食に携わる事“が、そうであり、またある人にとっては絵、歌、音楽などがそうであり、みんなそれぞれの表現手段があります。自己の可能性を最大限に引き出せるよう私たち自身を“活性化”し、あなた自身と、そして、他のすべての生きとし生けるものの、肉体と心と精神の癒しのために、あなたの自身の真の目的、“ダルマ“—あなたがいまここにある真の理由を、再発見/再確認する手段を、ロー・リビング・フードを学ぶということを通して、学びます。“食べる”という単純な行為に関わる事は、こういったすべての事へつながる可能性をもっていると私は考えます。

私にっとて、ロー・リビング・フードのお料理は、フレーバーのバランスと、食感と色彩が全てです。私の知る限り、ロー・リビング・フードのお仕事に関わるということは、あなた自身と世の中に貢献することができる最も美しい仕事/行為の一つです。それによって、あなたの人生は、新鮮でオーガニックのトロピカルフルーツや花の鮮やかな色彩に彩られ、野菜や植物のもたらす波動でエキサイティングで喜びに満ちあふれ、母なる地球との橋渡しになることで感謝の気持ちと深い理解が養われることでしょう。

ローで、伝統的な料理を再現するのにも、全く新しい前衛的な傑作を創作するのみも、私のできるすべてのヒントをシェアーします。最後には、あなたが自分でも驚くほどの素晴らしいものを創作することを保証します!

自己の健康維持のためのスキルを身につけたい方から、ご家族のためにより健康的な食事学びたい方、既に食の業界活躍しさらに新しいキャリアを求める方、さらにあなたが、新たな人生の始まりを模索していようと、古いパラダイムから解放されたいと考えていようと、個人の目的にあった教えとサポートを提供致します。

良くある質問のQ&Aは以下をご覧ください。過去の写真はこちら、1016年2017年1月から。参加者の声はこちら

…………………………………………………

日程:    2017年 5/14-27 *日本語サポート無し

2017年 11 /5-18 *日本語サポート付き

場所バリ島、ウブド
スワルガロカ リゾート: http://www.svargalokaresort.com/

費用 宿泊別2219ドル
* 航空券別途

※宿泊の情報は (スワルガロカ リゾートでの宿泊費、その近辺でのお手頃価格の宿泊先共に)、お申し込み書類とともにお送りいたします。

お申込お問合tanaka.sayuri@gmail.com
詳細: www.balirawchef.com

定員:20名

…………………………………………………

大まかなスケジュール

7:15 -8:45                     ヨガ、瞑想 等

9:00-10:00                    ジュース&フルーツブレーク

10:00-12:00 or 12:30                実技

12:00 or 12:30                ブランチ

14:30-15:45                     講義

16:00-18:00 or 18:30                実技

18:30                               夕食

19:30                             (ドキュメンタリー映画等)

……………………………………………………………………………………………………

トレーニングで学ぶこと

実技:

ナッツミルクとそのバリエーション、スムージー&ジュース、その違いと構成要素

発酵:ココナッツヨーグルト、チーズ、キムチ、サワークラウト、紅茶キノコ、ウォーターケフィアなど

ドレッシングの構成要素とバリエーション、味の修正と調整の仕方

ヘルシー朝食:チアポリッジ、グラノーラ、“バター”、パン

イタリアン:パスタ、ソース&ディップ、チーズ、ピザ

メキシカン:タコ“ミート”、フルーツサルサ、ワカモレ、サワークリーム、カカオモ−レ

和食:海苔ロール、ツナ風パテ、クズイモライス、アジアンドレッシング

インド料理:カレースパイスの調合、サモサ、北インド、カレー、チャーハンライス

中近東料理:フムス、ハリッサ、タブーリ、ファラフェル

アメリカンダイナー:バーガー、クズイモフライドポテト、バーベキューケチャップ、マヨネーズ、マスタード

タイ料理:パッタイヌードル、タイスパイスの調合

デザート:チョコレート、チーズケーキ、渦巻きパターンのテクニック、ブリスボール、チョコレートパイ、キャロットケーキ、フロスティング、トリュフチョコレート

ディハイドレーション:クラッカー、サラダ振りかけ、コーンチップ、フルーツラップ、サモサラップ、ピザクラスト、ケールチップ

スープ、ディップ、パテ、スプレッド

レシピの作成とグループ創作

チーズプレゼンテーション、バリエーション、フレーバーの組み合わせ

講義:

ロー・リビング・フードとは?なぜロー・リビング・フード?

発酵、浸漬&活性化&発芽

スーパーフード

フードコンバイニング(食べ合わせ)

酸とアルカリ

ローキッチンの管理法

機器の安全利用法

ナイフスキルとその安全利用法

味のバランスの取り方

フレーバーの組み合わせ、エスニック風味&その構成要素、フードエバリュエーション

甘味料のそれぞれの特徴と、各個人の必要性

つなぎとなる食材のそれぞれの特徴

ディハイドレータ−の利用法と賢いリサイクルのためのヒント

食べ物の無駄をなくすリサイクル法だけでなく、あっと驚く料理への変身の仕方

ハーブ&スパイスの識別と使用法

栄養学の西洋的視点(各栄養成分解析:3大栄養素と微量栄養素)

脂肪の重要な役割:オメガ3&6

植物栄養素(フィアとケミカル)、抗酸化物質

東洋的視点(中国、マクロビオティックなどのホリスティック(総体的な)視点)

アダプトゲンハーブ(強壮ハーブ)/中国の伝統的な薬草(漢方)のイントロダクション

特別プログラム

スピルリナファーム見学:スピルリナの生育行程とその収穫、とれたての最高匂いしいスピルリナの試食

  – http://balispirulina.com/

ローチョコレート工場見学:全ての生産行程の見学、もちろん、挽きたての温かいチョコレートの試食

 –http//bigtreefarms.com/

人気のローフード・レストランにて、ローフードシェフによるキッチンツアー&彼の創作料理ランチ

食に関するドキュメンタリー鑑賞

…………………………………………………

料金に含まれるもの

毎朝のヨガ、瞑想 等
毎日のグルメローブランチ&ディナー&南国フルーツとジュース

*1日お勉強お休みの日がありますが、お食事は提供します

ローレストランでのランチ

Sayuri Healing Food Caféでのディナー

教材とレシピ集。−英語です。
初・中級2週間ローフードシェフ・トレーニング修了証
*上記トレーニング・プログラムを終了したことの修了証明書であり、国家資格の証明書でない為、免許状でないことを、ご理解いただいた上でお申し込みください。免許ではありませんが、一定の技術と知識の修学の証となります。専門職へ就く際、必要であれば、推薦状をご依頼ください。

…………………………………………………

語学についてと

語学レベルは問いません。

…………………………………………………

日本語サポートについて (11月のみ。)

レクチャーは全て英語です。講義中の語学や、講義以外の面での、言葉のサポートが必要な場合、随時もしくは後から、日本人の通訳の方の語学サポートが入ります。ただし同時通訳がつくわけではないことをご了承の上でお申し込み願います。あくまでも、知識と講義のフォローアップとして、日本で活躍中の、英語が堪能なローフード講師の方に来ていただきます。教材も英語ですが、レシピの材料の部分は、実習がスムーズにできるように日本語バージョンを用意しています。

…………………………………………………

到着と解散

初日は、17:00より全員の顔合わせとなるオープニングミーティング、そのご、ウェルカムディナーがありますので、時間に余裕を持って、お越し下さい。

最終日は、クロージングミーティングをもって終了となります。約11:00AM頃解散となります。

初日と最終日に講義はありません。

日本への帰国便に深夜便(夜中の12時前後)をご利用されるかたは、帰国の日付にご注意ください。(最終日まで参加されるには翌日付けの早朝便が帰国便となります!)

…………………………………………………

キャンセル料

*  お支払い後のキャンセル料は以下の通りです。

リトリート開始の8週間前までは100%返却〔マイナス10%の手数料〕

リトリート開始の4~8週間前までは50%返却〔マイナス10%の手数料〕

リトリート開始の4週間以前から開始まで 0%返却

…………………………………………………

お申込の際の注意事項

*保険について

ご旅行中の事故、災害、怪我においての責任はご本人様の責任となり私どもでは責任を負いかねることをご了承願います。万が一に備えて海外保障保険に加入されることをお勧めします。

*定員は20名です。クラスは、4名でのグループでの実習となります。

…………………………………………………

空港お迎え

お迎えは直接宿泊先でお手配されることをお勧めしますが、空港タクシーも利用可能です。ほか、私の知り合いのタクシーを以下に記します。直接ご依頼願います。

Kadek      pangkungbali@yahoo.co.id          (he has nice homestay in Hanuman street as well)

Ketut (Galang Wijaya) galangwijaya1993@gmail.com          (he offer amazing Balinese farm cooking classes as well)

…………………………………………………

ビザ

インドネシアへの入国ビザは、到着時に空港にて手続きできます。お支払いは円、ドル、ユーロでも可能です。

現在選択が2つあり、30日以内の滞在であれば無料、30日以上に滞在を現地で延長する可能性のある方は、20−30ドル支払うほうのビザ取得をお勧めします。どちらも到着時に、空港にて簡単に手続きできます。(随時変更があるので、ネットで調べる事をお勧めします。)

…………………………………………………

換金

空港、ウブド市内で容易に日本円を換金できます。

—————————

チーム

田中さゆり

リトリートシェフ&ローフード講師・ロー/ビーガン フードコンサルタント、 ヘルシーカフェプロデューサー

sayuri横日本でのビーガンシェフ、インドにての5年間のヨガリトリートシェフ、バリにての3年間のヨガティーチャートレーニングの専属シェフを努めた後、バリ島に拠点を置き、ローフードカフェthe Seed of Life caféを立ち上げるとともに、リトリートセンターやカフェのプロディース、メニューコンサルタントをも手がける。リトリートシェフ又ローフード講師として、世界中で活躍すると共に、バリにて定期的にローシェフトレーニングや、リトリートを企画する。

4冊の料理本の著者でもある。https://balirawchef.com/ja/books/

自らも長年のヨガの実践者であるため、ヨギーや、個人のニーズに合わせたお料理をコーディネートすることを得意とする。

“ヨガが、新しいポジティブな変化を作るように、彼女の料理もあなたを変化させます!”

彼女の詳しい経歴、ヘルシーレシピ、これからのスケジュールはこちらを参照:

https://www.balirawchef.com

tanaka.sayuri@gmail.com

 

ドクター・リアナ先生 – マクロビオティック、TCM(Traditional Chinese Medicine:伝統中医学)、中国薬草学担当

Liana photoホリスティック医師、栄養の専門家。

心、身体、精神を統合的に活性化する方法をもって患者にアプローチし、制限の無い可能性と、理想的な健康を達成するために、人々を助けることに情熱を持つ。

リアナは、ロシアに生まれ、西洋医学(マスターディグリーを取得)を学び、ロシアとベルギーにおいて、30年間医師として、そして、整形外科医として活躍する。

医師であるリアナは、中国薬草学のディプロマも持ち、伝統的な中国医学、ヨガやヨガセラピー、栄養、自己管理、ライフスタイルコーチ等をうまく組み合わせ、簡単に実用でき、かつ大きな効果をもたらす、彼女独自の能力と、アプローチでもって、健康と栄養における問題や病気の根底にある原因を突き詰めます。

彼女は、何百人もの人々に、輝きのある、長続きする肉体的、精神的健康をもたらしてきました。

リアナの最大とライフワークは、“教えること“です。

彼女はTCM(traditional Chinese medicine:伝統中医学)と栄養療法の概念を、広く西洋医学への応用として見識を広げることを目的として、多くの医師にセミナーを開いています。

 

 

—————————

良くある質問 Q&A

  1. 語学能力について。英語は、どの程度あれば内容理解できますか?

———語学レベルは問いませんが、クラスは全て英語となります。実習がたくさんあるので、語学無しでも学んでいただけることはたくさんありますし、あまり英語の話せない日本人の方も以前参加されていますが、講義のクラスや、コミュニケーションにはある程度話せたほうが役に立つとは思います。

Q. 実技のメニュー内容は、既存の本のメニューとかぶりますか?本のメニュー以外の新しいメニューや違うレシピを作る機会もありますか? ワークショップとの違いは何ですか?

−−−私の本とかぶることもありますが、同時に本のメニュー以外の実技もたくさんありますよ。また、バリで経験するものと、本で見て作ることとは全く違う経験ではあります。また、素材、環境、共に作る人などによってその経験も全くかわってきます。出来上がったものの批評、その修正の仕方、誰かと一緒につくることのチャレンジ、応用方法、量の調整、プレゼンテーション、多くの量を作る時のヒントと、味の調整、ローキッチンでの一連の流れ、失敗してしまった時の対処法、などなど、ワークショップでは教えきれないことがたくさん詰まったトレーニングです。

Q.ローフードシェフトレーニングの修了書はどんな場で活かすことができますか?

−−−私から出せる“初・中級2週間ローフードシェフ・トレーニング修了証”は、HPに記載の通り、トレーニング・プログラムを終了したことの修了証明書であり、国家資格の証明書でない為、免許状ではありません。免許ではありませんが、一定の技術と知識の修学の証となります。専門職へ就く際、必要であれば、推薦状をお出し致します。

Q.初心者でも参加可能ですが?

−−−初心者の方でもご参加いただけます。参加に条件は無いです。目的は皆さんそれぞれ違います。あなたのレベルであなたの必要にあった経験を積むための、トレーニングという名の人生の成長であると思っています。もちろん技術として学ぶことはたくさんありますがそれ以上に、人との出会い、新しい文化とのふれあい、食を通して5感をフル活用させ、たくさん感じて、想って、体験する、貴重な2週間です。自己を信じるパワーと勇気とエネルギーを見いだし、自然と他と自己との調和とつながりを養い、共に成長するための、”人生の経験“の一部になればと思っております。

Q.どのような方がご参加されているのでしょうか?参加するのはプロの方でしょうか?

−−−−参加される方のレベルは様々です。初心者の方もいらっしゃいます。

 

Q.子供連れでも大丈夫ですか?
−−基本的にはクラスの間はベビーシッターに見てもらうようにしても大丈夫でしょうか?朝のヨガのクラス等は自由参加なので、(もちろん全てのお料理のクラスも自由参加ですが;)、基本的には朝と夕方の実技クラスと午後のレクチャーの間ということになります。ただ、お子様が1歳半なので、他の生徒さんのご迷惑にならない限り、お子様抱いて授業に参加していただいても私のほうは全く構わないですが、泣いちゃったりした場合は、どこかにいってもらわないと行けないと思います、他の課外研修とは全てお子さんと一緒に行動できます。以上を了解していただいた上で、ということになります。ベビーシッターは、私のほうで手配可能です。1時間500円位だと思います。
Q. 費用について。HP記載の料金プラス別途航空券代金以外に、別途必要な費用はありますか?

———1日個人負担の夕食の日がありますのでその分と、帰りの空港までのタクシー代くらいです。宿泊費は、その滞在先にもよりますが、1泊3千円で宿泊可能です。
Q.ヨガリトリートとの違いは何でしょか?
—-−−−−ヨガリトリートは、ヨガがメインです。お料理教室はデモンストレーションスタイルが1クラス、一緒に作るのが1クラスあります。午後のクラスは基本的にヨガのクラスです。トレーニングは実習、講義が毎日あります。