バリローフードトレーニング

 

バリ・ローフード・シェフ・トレーニング

レベル1

Raw Living Culinary Arts

2週間の修了証コース

2018年 

2 月25日- 3月10日  &   5 月13- 26日  &   10 7月-20日

 @Sayuri Healing Food in バリ島

 〜英語コース〜*日本語サポート無し

 

ロー・リビング・フード・トレーニングでは、美味しく、簡単に応用の効く、世界各国のテーマに沿ったお料理の作り方、近代的な科学的な視点での植物由来栄養学 (Plant-Based Nutrition)、そして、中国由来の伝統薬草学 (Chinese Traditional Tonic Herbal System)など東洋の古くからの叡智も視点に取り入れ、幅広い視野で学びます。

終了書を得るだけでなく、最終的には、普段の生活に生かせる知識と、その知識を世界とシェアーしたいという情熱と自信が生まれるはずです。自然との繋がりや、共にシェアーする経験を通して、真の“健康“を見直しと、回復をもたらし、光り輝く健康的なライフスタイルを、個人の体質や生活リズムにあった、長続きさせる方法を模索します。

病気(”Dis-ease”)とは、(”dis-harmony”)です。私たちの波長が、宇宙のエネルギーあっていれば、私たちの体・心・精神は、必要に応じてかつパーフェクトに機能します。 もし、毎日のごはんが、自然と調和する、最もシンプルかつ簡単な手段であるとすれば、良いものを口に入れようと考えるのは必然ではありませんか?

私たちはなぜ食べるのか?食べ物とは?私たちは何でできているのか?もし私たちが、光と波動のエネルギーであるとすれば、光と高い波動を食べる必要性がないでしょうか?トレーニングでは、こういった疑問をも模索します。

私のパッションは、私たちはみんな、創造性と可能性の泉であるということを、トレーニングを通して、私自身にも、そして皆さんにも再認識することです。いつなんどきでも、何だってできるし、何にでもなれるという自分を信じる内なるパワーを養う事です。私にとっては“食に携わる事“が、そうであり、またある人にとっては絵、歌、音楽などがそうであり、みんなそれぞれの表現手段があります。自己の可能性を最大限に引き出せるよう私たち自身を“活性化”し、あなた自身と、そして、他のすべての生きとし生けるものの、肉体と心と精神の癒しのために、あなたの自身の真の目的、“ダルマ“—あなたがいまここにある真の理由を、再発見/再確認する手段を、ロー・リビング・フードを学ぶということを通して、学びます。“食べる”という単純な行為に関わる事は、こういったすべての事へつながる可能性をもっていると私は考えます。

私にっとて、ロー・リビング・フードのお料理は、フレーバーのバランスと、食感と色彩が全てです。私の知る限り、ロー・リビング・フードのお仕事に関わるということは、あなた自身と世の中に貢献することができる最も美しい仕事/行為の一つです。それによって、あなたの人生は、新鮮でオーガニックのトロピカルフルーツや花の鮮やかな色彩に彩られ、野菜や植物のもたらす波動でエキサイティングで喜びに満ちあふれ、母なる地球との橋渡しになることで感謝の気持ちと深い理解が養われることでしょう。

ローで、伝統的な料理を再現するのにも、全く新しい前衛的な傑作を創作するのみも、私のできるすべてのヒントをシェアーします。最後には、あなたが自分でも驚くほどの素晴らしいものを創作することを保証します!

自己の健康維持のためのスキルを身につけたい方から、ご家族のためにより健康的な食事学びたい方、既に食の業界活躍しさらに新しいキャリアを求める方、さらにあなたが、新たな人生の始まりを模索していようと、古いパラダイムから解放されたいと考えていようと、個人の目的にあった教えとサポートを提供致します。

良くある質問のQ&Aは以下をご覧ください。過去の写真はこちら、1016年2017年1月から。参加者の声はこちら

……………………………

日程

2 /25- 3/10 2018年

5 /13- 26 2018年

10 /7-10 2018年

……………………………

場所

Sayuri Healing Food in バリ島

www.sayurihealingfood.com
……………………………

費用

2219ドル
※航空券、宿泊費 別途

…………………………………………………

大まかなスケジュール

7:15-8: 45                     レスト(モーニング アクティベーション等)

9:00 -10:00                ジュース&フルーツブレーク

10:00-12:00 or 12:30                実技

12:00 or 12:30               ブランチ

14:30-15:45                    講義

16:00-18:00 or 18:30                実技

18:30                                 夕食

19:30                             レスト(ドキュメンタリー映画等)

……………………………

お申込お問合

info@balirawchef.com 又は info@sayurihealingfood.com

……………………………

定員

16名

 

…………………………………………………

カリキュラム

実技:

ナッツミルク、スムージー&ジュース、その違いと構成要素

発酵:ココナッツヨーグルト、チーズ、キムチ、サワークラウト、紅茶キノコ、ウォーターケフィアなど

ドレッシングの構成要素とバリエーション、味の修正と調整の仕方

ヘルシー朝食:チアポリッジ、グラノーラ、“バター”、パン

イタリアン:パスタ、ソース&ディップ、チーズ、ピザ

メキシカン:タコ“ミート”、フルーツサルサ、ワカモレ、サワークリーム、カカオモ−レ

和食:海苔ロール、ツナ風パテ、クズイモライス、アジアンドレッシング

インド料理:カレースパイス、サモサ、北インド、カレー、カレー風味のライス

中近東料理:フムス、ハリッサ、タブーリ、ファラフェル

アメリカンダイナー:バーガー、クズイモフライドポテト、バーベキューケチャップ、マヨネーズ、マスタード

タイ料理:パッタイヌードル、タイスパイス

デザート:チョコレート、チーズケーキ、渦巻きパターンのテクニック、ブリスボール、チョコレートパイ、キャロットケーキ、フロスティング

ディハイドレーション:クラッカー、サラダスプリンクル、コーンチップ、サモサラップ、ピザクラスト、ケールチップ

スープ、ディップ、パテ、スプレッド

レシピの作成とグループ卒業創作

ソフトチーズとプレーティング、フレーバーの組み合わせ

ジャムウ-インドネシア伝統の薬効茶とヒーリングハーブ

 

講義:

ロー・リビング・フードとは?なぜロー・リビング・フード?

発酵、浸漬&活性化&発芽

スーパーフード

フードコンバイニング(食べ合わせ)

酸とアルカリ

ローキッチンパントリー

機器の安全利用法

ナイフスキルとその安全利用法

味のバランスの取り方

フレーバーの組み合わせ、エスニック風味&その構成要素、フードエバリュエーション

甘味料のそれぞれの特徴と、各個人の必要性

つなぎとなる食材のそれぞれの特徴

ディハイドレータ−の利用法と賢いリサイクルのためのヒント

食べ物の無駄をなくすリサイクル法だけでなく、あっと驚く料理への変身の仕方

ハーブ&スパイスの識別と使用法

栄養学の西洋的視点(各栄養成分解析:3大栄養素と微量栄養素)

脂肪の重要な役割:オメガ3&6

植物栄養素(フィアとケミカル)、抗酸化物質

東洋的視点のイントロダクション、アダプトゲンハーブ/中国由来の伝統薬草学 (Chinese Traditional Tonic Herbal System)(漢方)

各トニックハーブの詳細とフォーミュレーション、ローフードをサポートするハーブ

 

特別プログラム

スピルリナファーム見学:スピルリナの生育行程とその収穫、とれたての最高匂いしいスピルリナの試食

– http://balispirulina.com/

ローチョコレート工場見学:全ての生産行程の見学、もちろん、挽きたての温かいチョコレートの試食

–http://bigtreefarms.com/

人気のローフード・レストランにて、ローフードシェフによるキッチンツアー&彼の創作料理ランチ

食に関するドキュメンタリー鑑賞

……………………………………

料金に含まれるもの
毎日のグルメローブランチ&ディナー&南国フルーツとジュース @ Sayuri healing food

モーニング アクティベーション(瞑想、ヨガ、 その他フィジカルエクセサイズ、シェアリングなど ) – 一週間に2−3回

話題のローレストランでのランチ1回

教材とレシピ集。−英語です。
初・中級2週間ローフードシェフ・トレーニング修了証
*上記トレーニング・プログラムを終了したことの修了証明書であり、国家資格の証明書でない為、免許状でないことを、ご理解いただいた上でお申し込みください。免許ではありませんが、一定の技術と知識の修学の証となります。専門職へ就く際、必要であれば、推薦状をご依頼ください。

…………………………………………………

料金に含まれないもの

1回のディナー (課外活動中、1回のディナーは、自己負担での外食になります。)

コースの途中で1日休みがあります。 (この日は食事なし)

航空券、宿泊費は別途です。

…………………………………………………

語学について

語学レベルは問いませんが、クラスは全て、英語です。

 

 

 

…………………………………………………

ご予約の方法とお支払い

ご予約は、メールで空きの確認とご予約のご依頼を願います。お申し込み書とお支払い方法をお送り致します

 

info@balirawchef.com 又は info@sayurihealingfood.com

ご予約は全額お振り込みいただいた時点で確定となります。

………………………………………………

キャンセルポリシーについて

 

お支払い後に、ご本人様のご都合により、参加をキャンセルされる場合:

遅く到着した場合や早めに帰国する場合、フライトのキャンセル、旅行の遅れ、病気などご本人様のご都合による事項は、払い戻しや割引に対象とはならないことをご了承ください。何らかの理由で、イベントへの参加を取消される場合は、以下の払い戻しポリシーが適用されます。万が一に備えて海外保障保険に加入されることをお勧めします。

 

払い戻しポリシー

*  お支払い後のキャンセル料は以下の通りです。

リトリート開始の8週間前までは100%返却〔マイナス10%の手数料〕

リトリート開始の4~8週間前までは50%返却〔マイナス10%の手数料〕

リトリート開始の4週間以前から開始まで 0%返却

 

お支払いいただいた後に、私たちの都合により、または自然災害により、イベントをキャンセルせざるを得ない場合:

万が一、病気、緊急事態、死亡、自然災害(地震、火山噴火等)、政治的激変などによりイベントを、私たち側から取り消さなければならない場合は、代換日程をご用意いたします。代換日程に参加できない方は、全額払い戻しをさせていただきます。

但し、航空運賃&宿泊費及び付帯発生する旅費は補償し兼ねますので、海外保障保険に加入されることを強くお勧めします。

 

…………………………………………………

 

お申込の際の注意事項

  • 保険について:ご旅行中の事故、災害、怪我においての責任はご本人様の責任となり私どもでは責任を負いかねることをご了承願います。万が一に備えて海外保障保険に加入されることをお勧めします。
  • 定員は16 名です。クラスは、4名でのグループでの実習となります。

 

…………………………………………………

到着と解散

初日は、17:00より全員の顔合わせとなるオープニングミーティング、そのご、ウェルカムディナーがありますので、時間に余裕を持って、お越し下さい。

最終日は、クロージングミーティングをもって終了となります。約11:00AM頃解散となります。

初日と最終日に講義はありません。

 

  • 日本への帰国便に深夜便(夜中の12時前後)をご利用されるかたは、帰国の日付にご注意ください。(最終日まで参加されるには翌日付けの早朝便が帰国便となります!)

 

…………………………………………………

空港お迎え

お迎えは直接宿泊先でお手配ください。宿泊先に空港まで迎えにきてもらうのが一番確実だと思います。空港に、オフィシャルのタクシーもあります。

以下は、私の知り合いの日本語堪能ドライバーです。必要であれば、直接お迎えの手配をお願いします。

バリ島観光Bali Switch!の岩井寿江さん

mataharisae@gmail.com     http://baliswitch.blogspot.com/

バリガイド.jp原田さん              apple@bali-guide.jp     http://www.bali-guide.jp/

Dewa Nyoman Arsana アルサナ     arsana19@gmail.com

 

以下は日本語しゃべれませんが、私がよく使わせてもらっているドライバーさんです。

ケトックKetut (Galang Wijaya) galangwijaya1993@gmail.com (he offer amazing Balinese farm cooking classes as well)

カデックKadek pangkungbali@yahoo.co.id (he has nice homestay in Hanuman street as well)

 

…………………………………………………

ビザ

インドネシアへの入国ビザは、到着時に空港にて手続きできます。お支払いは円、ドル、ユーロでも可能です。

現在選択が2つあり、30日以内の滞在であれば無料、30日以上に滞在を現地で延長する可能性のある方は、20−30ドル支払うほうのビザ取得をお勧めします。どちらも到着時に、空港にて簡単に手続きできます。(随時変更があるので、ネットで調べる事をお勧めします。)

…………………………………………………

換金とお金のこと

空港、ウブド市内で容易に日本円を換金できます。空港の方が、レートは悪いので、どうしても必要な場合は空港で必要なだけ換金して、あとは、ウブド市内での換金をお勧めしますす。

いろいろなお店で、クレジットカードを使えますが、3%くらいの手数料がかかってきます。

ATMで現金引き出しもできます。一回につき2万円程度で、1日の引き出し限度額が、10万円くらいです。

換金屋がどこにいってもあるので、現金でもってくるのが一番楽だと思います。

—————————

チーム

田中さゆり

バリ島、”Sayuri Healing Food Café” オーナー

ロー/ビーガンフードシェフ&ローフード講師

料理本著者

日本でのワールドワイドデリカテッセンカフェとビーガンカフェでの経験をもとに、インドにて5年間のヨガリトリートシェフ、バリにて3年間のヨガティーチャートレーニングの専属シェフを努めた後、バリ島に拠点を置き、リトリート企画と運営をはじめる。

2014年には、ローフードカフェthe Seed of Life caféを立ち上げ、2016年には、カフェと料理教室、ヨガスペースのSayuri Healing Foodを立ち上げると共に、そこを拠点に、バリにて定期的にローフードシェフトレーニングや、リトリートを開催する。

また、リトリートシェフやローフード講師として、世界中で活躍すると共に、数冊の料理本を出版し、カフェメニューのコンサルタントをも手がける。

自らも長年のヨガの実践者であるため、リトリートではローフードやビーガンフード、マクロビオティックなど、ヨギーや個人のニーズ、必要に応じての料理を得意とし、心も身体もハッピーで健康になる食事を提供する。

カフェ事業、料理教室やトレーニングを通して、人々に健康的で、地球にも、地球の未来にとっても継続可能な意識の高いライフスタイルを提案し、個人の再発見/再確認と、その肉体と心と精神の癒しと、個々の人生の旅をサポートすることに情熱を注ぐ。

彼女曰く、“ロー・リビング・フードのお料理は、フレーバーのバランスと、食感と色彩が全てです。遊び心をもって、楽しく創造力を養いましょう、その楽しさと、インスピレーションと、あなたの愛が、お料理を、心の栄養満点にしてくれるのです。“

 

www.balirawchef.com(リトリート&ローフードシェフのトレーニング)

www.sayurihealingfood.com(カフェ、ローフード&ヨガのクラス)

www.amazon.com/author/sayuritanaka(料理本)

info@sayurihealingfood.com

FBページ:Sayuri Healing Food

インスタグラム:sayuri_healing_food

 

 

 

Eléonore Julius

  • Raw food instructor, vegan cookbook author, certified naturopath, homeopathic practitioner, and holistic nutritionist.
  • Former Matthew Kenney Culinary instructor.

Many roads and detours led Ella to a high raw vegan lifestyle. She grew up in France, Europe’s home of gourmet cuisine, and moved to Germany to study and work in the world of international IT-marketing. At her first yoga class in 2004 she met vegan activist Sharon Gannon and David Life and quickly learned about the horrors of the food industry. From then on she consciously chose a healthy and vegan lifestyle to bring more peace and loving-kindness into her life. She trained to become a certified naturopathic practitioner (German Heilpraktiker), focusing on homeopathy and holistic nutrition. In 2010 Ella quit her successful 20-year career to travel and start her internationally read blog, www.foodcircles.org sharing stories and recipes for a socially fair, ecologically sustainable, healthy and fulfilling way of eating and living. In April 2014 Germany’s leading Christian Verlag published her first vegan cook book, “Internationale Klassiker Vegan.” Ella lived in a sustainable community in the Bavarian Forest in Southern Germany for two years, where she worked as a facilitator for the German Pachamama Alliance and catered for yoga retreats.

Ella has made food her spiritual practice. She believes that spreading love and kindness to others starts with what you put into your mouth every day. Sourcing wholesome and seasonal plant-based ingredients from farmers and producers in the area she lives in is her passion. Ella believes that honest relationships and organic produce from real soil heal and nourish us better than anything produced in slavery or wrapped in plastic. She puts loving-kindness and a healing intention into all her dishes and strives to prepare deliciously satisfying food for body and soul alike.

After experiencing the magic and detoxing power of a raw vegan diet, Ella embarked on a journey to learn to prepare raw food professionally. She took her first month-long Raw Chef training in 2012 in Bali with Sayuri at Radiantly Alive and in 2014 was running the nutrition and raw chef theory workshop classes. That year she also started her journey with gourmet raw chef Matthew Kenney, taking his Fundamentals of Raw Cuisine course in California. In May 2015 Ella started teaching Fundamentals and Advanced Raw Cuisine for the Matthew Kenney Culinary academies in Venice Beach California and Hua Hin Thailand. When not onsite, she was an online instructor for the month-long Raw classes, Culinary Nutrition and Plant-Based Cooking. After the acquisition of the Matthew Kenney Academies by PlantLab, Ella taught a Plant-based Pastry and Desserts pop-up in Paris and the raw chef trainings in Barcelona. Now Ella is back in Bali and very excited to teach with Sayuri again. When she is not traveling to teach, Ella lives in the South of France.

 

Arif Springs

  • jamu & local Tonic herb specialist
  • raw food chef 

Arif Springs is a jamu & local tonic herbs specialist and raw food chef, and has been presenting at workshops and food festivals around Indonesia and the world. His passion is sharing people how easy it can be to enjoy a healthier diet via the simple, plant-based ingredients.

Originally from Sundaland, West Java, Arif was born to a traditional family where he learned grassroots ways to heal people through herbs and spices. Since moving to Ubud, Arif has specialized in the world of raw cooking, which allows him to combine the organic food skills of his upbringing with his unique artistic flair. He worked as the head chef at Fresh, the acclaimed raw and vegan restaurant in Ubud and consult many other healthy cafes & restaurants.

He and his work has been featured on video and TV, EatAway, and SeeBeNow, and he is regular presenter at many food festivals.

Currently, he runs his jamu & Local Tonic herb business called DJAMOEKOE translates as “My Jamu”. He is passionate on introducing the traditional Javanese grandmother’s ancient healing recipes using traditional local tonics.

He is spreading his knowledge through his regular cooking class at Sayuri Healing food and many Food Festival.

www.arifsprings.com

Follow DJAMOEKOE on Facebook.

 

 

 

 

 

 

 

—————————

良くある質問 Q&A

  1. 語学能力について。英語は、どの程度あれば内容理解できますか?

———語学レベルは問いませんが、クラスは全て英語となります。実習がたくさんあるので、語学無しでも学んでいただけることはたくさんありますし、あまり英語の話せない日本人の方も以前参加されていますが、講義のクラスや、コミュニケーションにはある程度話せたほうが役に立つとは思います。

Q. 実技のメニュー内容は、既存の本のメニューとかぶりますか?本のメニュー以外の新しいメニューや違うレシピを作る機会もありますか? ワークショップとの違いは何ですか?

−−−私の本とかぶることもありますが、同時に本のメニュー以外の実技もたくさんありますよ。また、バリで経験するものと、本で見て作ることとは全く違う経験ではあります。また、素材、環境、共に作る人などによってその経験も全くかわってきます。出来上がったものの批評、その修正の仕方、誰かと一緒につくることのチャレンジ、応用方法、量の調整、プレゼンテーション、多くの量を作る時のヒントと、味の調整、ローキッチンでの一連の流れ、失敗してしまった時の対処法、などなど、ワークショップでは教えきれないことがたくさん詰まったトレーニングです。

Q.ローフードシェフトレーニングの修了書はどんな場で活かすことができますか?

−−−私から出せる“初・中級2週間ローフードシェフ・トレーニング修了証”は、HPに記載の通り、トレーニング・プログラムを終了したことの修了証明書であり、国家資格の証明書でない為、免許状ではありません。免許ではありませんが、一定の技術と知識の修学の証となります。専門職へ就く際、必要であれば、推薦状をお出し致します。

Q.初心者でも参加可能ですが?

−−−初心者の方でもご参加いただけます。参加に条件は無いです。目的は皆さんそれぞれ違います。あなたのレベルであなたの必要にあった経験を積むための、トレーニングという名の人生の成長であると思っています。もちろん技術として学ぶことはたくさんありますがそれ以上に、人との出会い、新しい文化とのふれあい、食を通して5感をフル活用させ、たくさん感じて、想って、体験する、貴重な2週間です。自己を信じるパワーと勇気とエネルギーを見いだし、自然と他と自己との調和とつながりを養い、共に成長するための、”人生の経験“の一部になればと思っております。

Q.どのような方がご参加されているのでしょうか?参加するのはプロの方でしょうか?

−−−−参加される方のレベルは様々です。初心者の方もいらっしゃいます。

 

Q.子供連れでも大丈夫ですか?
−−基本的に、朝と夕方の実技クラスと午後のレクチャーの間は、ベビーシッターにお子様の面倒を見てもらうことになります。ただ、お子様が1歳半なので、他の生徒さんのご迷惑にならない限り、お子様抱いて授業に参加していただいても私のほうは全く構わないですが、泣いちゃったりした場合は、どこかにいってもらわないと行けないと思います。他の課外研修とは全てお子さんと一緒に行動できます。以上を了解していただいた上で、お申し込みください。ベビーシッターは、私のほうで手配可能です。1時間500円位です。

Q. 費用について。HP記載の料金プラス別途航空券代金以外に、別途必要な費用はありますか?

———1日個人負担の夕食の日がありますのでその分と、帰りの空港までのタクシー代くらいです。宿泊費は、その滞在先にもよりますが、1泊3千円で宿泊可能です。
Q.ヨガリトリートとの違いは何でしょか?
—-−−−−ヨガリトリートは、ヨガがメインです。お料理教室はデモンストレーションスタイルが1クラス、一緒に作るのが1クラスあります。午後のクラスは基本的にヨガのクラスです。トレーニングは実習、講義が毎日あります。